無の探求

通称「なす」 無色で無職な無敵なフリーライター。まだ誰にも染められてません。今ならあなた色に染めるチャンス。2017年7月18日ブログ開設。

MENU

ブログ開設から約2ヶ月、早速アドセンス狩りっぽいのに出くわした

どうも、なすです。

たった20記事弱で早くもネタ切れに悩み、アイギス記事以外は何書いてもほぼアクセスに繋がらないこのもどかしさ。そんな状況にありながらもこのブログは今月の17日で開設2ヶ月になりますが、早速来ましたよ。「アドセンス狩り」っぽいのが。今回はその経過と対策についてまとめました。

 

 

アドセンス狩りとは?

主に気に入らないサイトの評価を貶めて検索上位から蹴落としたり、収益を減らして嫌がらせしたりすることを目的とした悪質行為です。よく挙げられる(というかこれしかない)のは以下の行為になります。

  1. 意図的な広告のクリック連打
  2. アダルトサイトとかに他人のアドセンスコードを勝手にコピペする

意図的なクリックとは

典型的なのは「自分のサイトの広告を自分でクリックする」というものですね。つまり「自演」です。もちろんこれはアウトなので、バレれば問答無用でアドセンス停止されます(サイトのデザイン確認してて間違って1回クリックしちゃった程度なら見逃される)。しかし、問題なのは本人ではなく他人がクリックしまくる場合です。本人だったら自業自得なのでザマァとか言えない。

基本的に攻撃側は「運営者が自分でクリックした」ように見せかけることで停止に追い込みますが、スマホ回線でアクセスしてたりネカフェからアクセスしてたりだったら自演か攻撃かなんて誰にもわからんのですよ。だからこそ厄介なわけです。

誰でもできますし、この攻撃を抑止するのは残念ながら不可能です。ただ、この分野に詳しくない人だとIP偽装とかもせず生IPで連打してると思うので、その場合はアドセンスが停止されることはほぼないでしょう。そういうあからさまなのはアクセス解析で簡単にわかります。Google側も広告の扱いには細心の注意を払っているはずなので、わかりやすい不審な動きにはきっと気付いてくれます。

www.ikedahayato.com

自称炎上ブロガーの「イケダハヤト」氏も過去にアドセンス狩りに遭って停止されたそうですが、無駄に敵を作るスタイルの人はそれだけ嫌われやすいのでターゲットにされる確率も高いようです。このブログもアイギス記事は2chの情報をそこそこ引用しているため、そのせいで「アフィカス氏ね」とか思われてるのかもしれないです。

広告コードの転用

これは、例えばアドセンスを貼るのが禁止されているジャンル(アダルト系や違法系ジャンルなど)のサイトに勝手に他人のアドセンスコードを貼る行為です。もし無断転用された不適切なサイトで収益があり、それがGoogle側に確認された場合はアドセンス停止の裁きが下されます。

ちなみにアドセンスのコードはブラウザ機能でソースを表示すれば誰でも見れちゃうので、やろうと思えば誰でもできちゃう悪質行為です。Chromeの場合は右クリックで出る「検証」という部分からソースの表示が可能となります。

f:id:nathnath:20170908151903j:plain

 

ウチのブログの場合

大体現在のアクセスは日に500~1000程度で、クリック率はだいたい0.1~0.3%程度です。収益で言えば1日20円~200円程度で、多くても1日4,5回のクリックがいいところですかね。

そんなウチのブログが昨日、どえらいことになってました。

 

900PVで17クリック、収益が800円ですよ。

 

ただでさえゲーム系の記事はクリック率が低いのに、アドセンスだけでPVとほぼ同じ数字の収益になるなんて色々オカシイ。

クリック率で見ればまあ2%くらいなので他の神ブログだったらあり得なくもない数字ですが、今まで0.1%あたりのCTRをうろついてた新米ブログのうちでこれはほぼあり得ない数字です。アクセスが多くない時期はこういうことも稀にあると聞きますが、いざ自分のブログで起こるとアドセンス停止が怖くて夜も眠れませんよ。

管理画面みるとグラフが面白いことになってるので載せたいですが、AdsenseやAnalyticsの収益がわかる部分の管理画面スクショを載せるのはアウトらしいのでやめておきます。検索1ページ目にあるサイトなのに堂々とスクショ載せて広告も停止されてないブログとか結構いますけどね・・・。

対策と対処

意図的なクリックの場合は事前に対策する術はありません。やられてから動くしかないので、私の場合みたいに疑わしい時は以下のフォームから「やったのは私じゃないですよ」と必死に訴えましょう。

無効なクリックの連絡フォーム

アクセスするとこんな画面に行くので、必要事項を入力して「僕じゃない~」完了。

f:id:nathnath:20170908151344j:plain

ついでにコレも貼っておきます。

 

 

そして「広告コードの転用」の場合の対策ですが、こっちはすごく簡単です。

f:id:nathnath:20170908153005j:plain

アドセンスの管理画面→設定→自分のサイトと進み、右上の青いプラスからサイトを登録します。サイト名の左についてる緑のチェックは認証済みの証なので、これがついていれば大丈夫。認証されていない場合は灰色のチェックになっているので、サイト名の右隅にあるチェック印から認証済みにしましょう。認証されていると、このサイト以外で同一の広告コードが貼られても収益にはならなくなるのでアドセンス狩りを阻止できます。

ちなみにこのスクショだと私がこのブログ以外にも4つも運営しているように見えるかもしれませんが、このうち3つは数年前に閉鎖した残骸です。当時はノウハウがなく、勢いだけで開設して見事に運営失敗(アクセス増えなかったりモチベ維持できなかったり)してサーバー代とドメイン代を無駄にした私への戒めとして管理画面に残留し続けています。数ヶ月やってアクセスが全く増えないブログを運営するのは精神的にかなりキツイのですよ(´・ω・`)

 まとめ

 コレと同じ内容の記事は他所様で腐るほどあるので今更書いたところで何の価値もないわけですが、自分の身にそれっぽいことが起きたので備忘録も兼ねてまとめてみました。アクセスが伸び始めた頃に狙われやすいらしいので、新米ブロガーの方々は気をつけてください。