無の探求

ひねくれすぎて社会に馴染めなかったぼっちフリーランス(Webライター)の根暗ブログです。記事テーマはゲーム、ライター関連、ネットの話題など色々。2017年7月18日ブログ開設。

MENU

コラボ配信を持ち掛けてくるYoutuber達に言いたいことがある

どうも、NathVieです。

先日Youtubeでコミュニティ機能が使用可能になり、試験的にアンケートを行いました。最初はただのお遊びでしたが、2度目のアンケートでテーマにしている「コラボ企画」について今一度お話ししておきたいことがあります。

というのも、実はあのアンケートを行う直前にとある配信者から「コラボのお誘い」を受けておりました。その時の初コンタクトはこちらです。

※名前は黒塗りで隠してます。該当コメントも削除済み。

f:id:nathnath:20180721044836j:plain

これはコミュニティ内で行った最初のアンケートに対してコメントされたものです。上に「イャンクック」と出てるのはアンケートの択を選択しているためであり、本人が書いたのはその下の文面になります。(アンケートの回答に加えてコメントもした場合のみこのような表記になる)

見ての通りアンケート内容には一切触れないコメントを追記しており、連絡を取るためだけに仕方なくアンケートに答えたことも明白。ちなみに彼がDMを送れなかった原因は、私がそもそもツイッターでFF外からのDMを受信しない設定にしていたからです(彼のような礼儀知らずやスパムなどを遮断するため)。

一切絡んだことのない相手に対していきなり「おいしい話がある」なんて胡散臭いにも程がありますよね。しかし彼は私よりも10,000人ほど登録者が多い配信者で、MH界隈ではそこそこ有名な方でした。私も一応名前だけは知っていたので、まあどうせ「コラボの誘い」だろうと思いながらも話だけ聞いてみることにしました。

 

結論から言うと、予想は的中です。コラボの誘いでした。

しかし、何が「おいしい」のかサッパリわかりません。以下はDMのやり取りのスクショです。右の青いのが私になります。

f:id:nathnath:20180721050927j:plain

 

「是非参加いただきたい」とあります。重ねて言わせていただきますが、彼とは完全に初対面です。一切絡んでませんし、私のツイッターを彼がフォローしたのはこのやり取りの1時間ほど前です。全てが唐突でした。

そしてこちらが続きになります。

f:id:nathnath:20180721051244j:plain

 

見ての通り、最初からコラボには乗り気でなかったので丁寧にお断りしました。

正直なところ、彼の返信からは礼節の一端を感じ取れませんでした。私に声をかけた理由も書かれてないですしね。

そして私は自身のリスナーがどういう層の人間なのか誰よりも把握しています。その私が「うちのリスナーはコラボを望んでいないと思う」と発言したにも拘らず、彼は「そんなことない!」と何の根拠もなく言い放ちます。

 

アンタがうちのリスナーの何を知ってるの?

 

こういうのホントに不快ですよ。アンタのとこのリスナーとうちのリスナーを同列に扱わないでほしい。明らかにうちのリスナーは他と比べて平均年齢が高く、大半のMHW配信者のメインリスナーであるキッズ層とは根本的に違うんですよ。日頃のライブ配信でのコメントにおける昭和くさいやりとりやアナリティクスの年齢データなどを見てきた私が言うのだから間違いない。

 

しかし、私の思うリスナー像はホントに正しいのかと聞かれれば確証が持てないのもまた事実。誘いの直後にコラボに関するアンケートを行ったのは私がかねてより抱いていた「うちのリスナーはコラボを望んでいない」という認識が正しいのか確かめるためでした。

 そして結果としてはこのようになりました。

 

f:id:nathnath:20180721052527j:plain

約7時間で投票数は1577件。オチとして用意した「お前の好きなようにやればいいんだよ!」に86%もの票が集中する凄まじく偏った結果となりました。

しかし、これは「私のやりたいようにやってほしい」「イヤなら無理にコラボしなくていい」といった私自身を尊重してくれる意見が9割近くを占めていることになります。コメントを読んでいくと非常にあたたかい気持ちになりました。日頃からコラボの話題が出る度に「面倒なのでやりたくない」とハッキリ言っていたこともちゃんと理解してくれていたことを非常に嬉しく思います。

私は普段のライブ配信でも思ったことはハッキリ言い、「誰に媚びるでもなく好きなようにやるつもりだ」と度々宣言してきました。それでついてこないのならそれでいいし、そういう人は本当のファンではない。王ハザクの批判動画で低評価祭りになった際も、「理想の配信者像」を押し付けてくる自称ファンに対して「迷惑なので去ってくれていい」とハッキリ言いました。これ以外にも過激な発言は多々あったと思います。

そんな私をこれほど尊重してくれるリスナーの方々の存在は非常にありがたく思います。だからこそ、何も知らない外野の人間ごときが、事もあろうに私の目の前でうちのリスナーを知ったかぶりで語るのがより一層許せなくなりました。

 

そして極めつけは、彼が私のチャンネルを登録していなかったという点です。これはアンケート当日のライブ配信を終えた後に改めて確認して気付いたため、記事として公開するのが翌日になったのはそのためです。この事実さえ気づかなければ話題にせずにそのまま黙っていたと思います。

彼が公開している登録チャンネル一覧には登録者10,000人超えのMHW配信者たちが名を連ねており、その中に私はいなかったのです。状況から見て、あえて他のサブチャンネルなどで私を登録していた可能性も極めて薄いと思われます。おそらく誘いに乗ったら体裁上の登録をするつもりだったのでしょう。まあそれすら怪しい部分はありますが。

そして彼は私がどういう人間なのかまるでわかっていませんでした。もし私の動画やライブを見て「この人とコラボしたい!」と思ったのが経緯ならば、ここまで無礼なコンタクトを取れば私がどう思うのかを事前に理解できたことでしょう。

「コラボしたい」と持ち掛ける相手のチャンネルを登録すらしていない。ましてやコメントやツイッターで絡んだことすらない。そして私が元来「コラボに否定的」だったことを全く知らない。そして初っ端の上から目線対応。もう役満ですよ。私がコラボに否定的な理由のすべてが「彼」に集約されてます。今一度「コラボ乞食はクソ」だと再認識させてくれたことに感謝を述べてもいいくらいかもしれない。

 

そもそも私は他所のチャンネルの登録者と自身の登録者を相互交換することに全く魅力を感じません。彼はそれを指して上から目線で「おいしい話」と形容したのでしょうが、完全に余計なお世話です。むしろ私のことなどどうでもよく、彼が自身の登録者を手っ取り早く増やしたかっただけなのでしょう。あるいは集会所の上限である16人を揃えるための頭数合わせだったと見るのが無難でしょうか。

相互フォロー、相互登録、登録者の購入などなど、そんな上辺だけの数字に何の意味があるんですか。安い儲け話で人を騙し、利用しようとする浅ましい人間などすぐにわかるんですよ。私はその手の人間が一番嫌いです。そんな人間に目を付けられたことも極めて遺憾です。

 

これだけ言えばもう私にその他のコラボの誘いがかかることはもうないと思いますが、改めて言わせていただきます。

コラボを求めるなら最低限の礼儀くらい弁えてください。利己的なコラボ乞食なんてすぐに見抜けるんです。実況者同士の企画?笑わせないでほしい。そもそも数十人も一挙に集まって各々の個性がたった数分から数十分の動画で生かされるわけがない。ましてや絡んだことすらない相手とのコラボなんて、いったい誰のためのコラボなのかわかったものではない。

 

長々と語ってしまいましたが、これが私の本心です。ちなみに日頃から交流のある方や、リスナー参加型の企画などは普通に考えてます。利害関係だけでつながるような配信者コミュニティは願い下げなだけです。今回はそれがあまりに露骨だったので今一度宣言しておこうと思った次第であります。

くどいようですが、私は端から見て間違いなく「扱いにくい人間」です。自身が正しいと思えば、周囲に責任が及ばない範囲で言いたいことはハッキリ言います。曲がったことは許せない性分ゆえ、人生で多々損ををしている自覚もあります。

今回の件にしても、突き放すのではなく向こうを逆に利用するのが最も賢い選択なのは言うまでもありません。それが「大人」というものだとも思います。しかし私はそんな器用ではありませんし、言いたいことも言えないのが「大人」なのだとしたらそんなものは願い下げです。言いたい放題言ったツケはその身で甘んじて受けましょう。ポイズン。

 

書き始めるとだんだん本筋を離れてエッセイみたくなるのもライターの性でしょうか。本でも出した方がいいでしょうか。50人くらいは買ってくれる変態さんいるでしょうか。握手券商法に対抗して松ぼっくり引き換え券でも入れましょうか。本が思いのほかクソだった時にこれを着火剤にして燃やしてくださいみたいな。まあ本がそもそも着火剤みたいなもんだけども。

P.S 松ぼっくりはamazonで買えるって知ってましたか