無の探求

通称「なす」 無色で無職な無敵なフリーライター。まだ誰にも染められてません。今ならあなた色に染めるチャンス。2017年7月18日ブログ開設。

MENU

【PSO2】キャンペーンクエスト(ナベチ)で感じたプレイヤー心理の変化

久々にPSO2の記事です。以前の記事でも書いたように恐らく復帰する時期としては最悪であろう時期にPSO2に復帰した私ですが、当時のプレイヤーと今のプレイヤーの考え方には差異があるように感じました。また、運営姿勢についても色々と思うことがあるので、今回はそのへんの内容の書きなぐり記事です。

 

 

コレクトシートの罪

私が引退したのはちょうどコレクトシートが実装されて間もない頃でした。確かアムチが実装されたあたりだったと思います。何で急にモチベが下がったのかというと、レア掘りじゃなくてシート埋め作業になったことに嫌気がさしたからです。

そもそも石交換が大量に増えた時点で「素材集め系」はやめろと散々言われていました(倉庫圧迫の問題もある)。それを改善する策としてのコレクトシートだったんだと思いますが、本質は何も変わってないんですよね。結局レア掘りではなく「ゲージ(石)ため」なんですよ。

数か月前に復帰した頃もコレクト全盛期で、「うわぁまだコレ続けてるのかよ…」と落胆したものです。しかも周りをみるとほとんどの人が因子マシマシのクリファド装備を持ってて、「これのどこがレア武器なんだ」と疑問でした。

でもプレイヤーたちからはその現状を疑問視する声があまりなかったように感じます。やはり「手に入らないよりはマシ」なんだそうです。まあ確かに手に入るならそれに越したことはないですよ。でも誰でも持ってる武器を必死に揃えて何が楽しいんでしょうか。

もう1つの罪は、入手が容易になったことで「属性60の+35以外は地雷」という風潮が強まったことですね。昔からフル強化以外は地雷という風潮はありましたが、コレクトのせいでより一層強まった気がします。まあ実際のところフル強化しないでXH来てる人は9割がたPS低い地雷なんですけどね。

ナベチのリニューアル

ちょっと調べてみたんですが、初期ナベチの実装って2年も前だったんですね。当時はアンガにしか目玉のアーレスが含まれておらず、ガレルもネメシスもない状態。しかもクエストポイントをためる方式だったのでアンガが出てこないまま1周終わって時間の無駄になることも珍しくない糞クエでした。そのせいでPSO2の歴史上でも悪名高い「アンガ掘り」という野良での効率化が蔓延し、完成品アーレス所持者には冷たい視線が送られることもありました。

そんなナベチも敵の弱体化やら石の追加やらを経た後、約2年の時を費やしてリニューアル。古参プレイヤーが待ち望んでいたコレクトのない「本当のレア掘り」クエストが復活したのです。

私もこのリニューアルはかなりうれしかったです。ついに現実的な確率で「レア武器」を掘れるクエが復活したわけですからね(☆14は非現実的なので除外)。

ネメシスのドロップ格差で阿鼻叫喚

私にとっては「コレクトがない」というだけでテンションが上がる要素でした。たとえ手に入らなかったとしても、それが「レア掘り」なんだと昔から納得しているからです。手に入らなかった人がいるからこそ、それを手に入れた際の喜びも大きいんですよ。

でも最近のコレクトオンラインのぬるま湯状態でふやけきったプレイヤーからは「交換にNT3つとかクソすぎ」「そもそもドロップ率低すぎ」といった不満の声が多く出ていたように感じます。まあエリアドロップ限定のせいでクラス一致ドロップの狙い撃ちができないのは不便ではありますが、同じの2本拾えなくてもとりあえず3本拾えれば好きなのと交換できるってかなり良心的だと思いますよ。+34でゲットできればクラスキューブとアーレス石で現実的なごり押し強化も可能ですし、言うほどキツいレア掘りではない気はします。

まあアンガ掘り時代みたいな過去の酷さと比較して「今はマシ」と擁護するのもよくないとは思いますが、今の仕様で不満を言う人は流石にレア掘りゲーに向いてないとは思います。

でもまあ、こうなった背景にはやはり「フル強化じゃないと論外」という風潮が大いに関係してるんじゃないかと思います。コレクト品で簡単にフル強化武器を作れる時代ですから、そんな時代に半端なネメシスなんて使いにくいし使いたくないんですよ。めちゃくちゃ苦労して掘ったネメシスが本数不足で完成しなくて、既存のコレクト品に性能負けしてたらそりゃイヤにもなります。☆10の取引解禁前にも「属性50にできる石交換の方が掘った希少レアより強い」ということがありましたし、時代は繰り返すものですね。

キャンペーンクエスト(ブースト)の弊害

基本的にナベチリニューアルには満足してますが、1つだけ文句をつけるとしたらやはり「開催期間の限定」です。

ブースト率補正と追加☆14の存在が大きすぎて、開催期間以外にプレイするのがアホらしい状態になってます。現にブーストが終わった週はマルチ部屋が1つもない状態になってました。人が各所に散ってマッチングに支障が出ないようにするための限定キャンペーンという口実は理解できますが、今のPSO2の常設コンテンツなんて人が散る要素がありません。というか常設のマルチコンテンツが全て死んでるようなもんです。先週のバスターブーストなんて、他に常設コンテンツで何もやることがないにも拘らずほとんど人がいませんでした。あえてメダルBに分けて無理やり再周回させようとしたのも批判の原因になってますし、EP5のメインコンテンツということになっているバスターのブースト週を大抵の人が「ナベチ後の休息期間」と捉えていたのが何とも皮肉な話です。

2週間限定のレア掘りは厳しい

私のような無職同然の人間ならともかく、普通に働いている人にとっては2週間縛り(+1週間されたが)は厳しいかもしれません。夜の人が多い時間は基本的に2,3時間おきに緊急が入っているのでナベチ周回の人口がほぼゼロになりますし、夜しかインできない人は固定でも組まない限りナベチを満足に周回できないわけです。

私の体感だと250%とドーナツとデイリーブーストで5,6時間やってネメシスが1つでるかどうかぐらいだったので、社蓄でこれを基準にしたら交換用にNT3本拾うには睡眠時間やその他もろもろを削るしかありません。

まあ流石にそういった人にまで配慮しろとはいいませんが、なぜ頑なに常設コンテンツを文字通りの「常設」にしないのか理解できません。そもそも不満の声は「期間内に集めきれないと意味がない」という焦りから来ています。常にこのブースト状態にしておけばいつでも行けるのですから、最初の方でドロップ格差があっても長い目で見て取り返すことができるんですよ。

もしこの2週間縛りが「PSO2は過疎ってきてるから短期間で人口集中させないと成立しない」という考えの上で行われているのだとしたら、それはそれで残念です。生放送のブースト緊急ですらどの鯖も混雑状態にならないのを見る限り、確かに人口は激減してるんですけどね。かつては混雑対策で予告緊急を分割開催していたこともあっただけに、こういった露骨な過疎化を目に見える形で実感するのは物悲しさがあります。

今のPSO2に求めること

予告限定の緊急クエストはとりあえず廃止してほしいところです。というか緊急クエスト自体を廃止してほしい。ウィキの緊急予告表を眺める度にいつも思うんです。「これはバイトのシフト表と何も変わらない」と。

イヤなら行かなければいい?ええ、全くそのとおりです。

でもそれ以外のコンテンツが完全に死んでるんですよ。制約だらけで遊びの幅が極端に狭いバスターはコンテンツとして大失敗ですし、最近はキャンペーンラッシュで常設コンテンツまで時限コンテンツ化しようとしています。

じゃあインしなければいい?ええ、全くそのとおりです。

だからこんなに人が減ってるんですよね。ログイン時の鯖の状態表示や、各ブロックの埋まり具合を見てもわかるように露骨に過疎化してます。着実にクソゲー化してる証です。

好きな時間にインして、好きなコンテンツを遊ぶ。そんな遊び方が出来ていた時期もかつてはありました。そしてその時期は「まるぐる全盛期」であり、酒井氏の掲げる「一期一会」というゲーム風景を体現したいいネトゲ(ゲームバランスは酷かったが)でした。

しかしいつからかまるぐるは「想定外の遊び方」ということにされ、目玉は緊急クエスト中心へとシフトしていきました。それからは「運営の指定した遊び方」以外がどんどん潰されていき、非常に息苦しいネトゲへと変貌していきます。常設クエが廃れていくにつれ出会いも極端に少なくなり、野良で会話しながら楽しむゆるいまるぐる文化も壊滅しました。

私は懐古主義というわけでもないですが、やはり昔の方がいい意味でネトゲらしくて楽しかったという思いが強いです。かつてのPSO2は「各所にエサがある平和な湖」でした(近接不遇やゾンデゲーなどは酷かったが)。しかし今のPSO2のプレイヤーはまるで「汚れた池の鯉」です。たまに管理人が来て1種類のエサを投げ入れ、死骸の山を搔き分けて鯉たちはこれを奪い合います。これはプレイヤーを揶揄しているわけではなく、かつての大自然を破壊した運営の批判だと思ってください。

まとめ

復帰してから思ったことを書きなぐりました。復帰間もない頃は「まだ現状を把握仕切れてないので運営を見守る」という体でやや擁護気味の発言が多いように見えたかもしれませんが、現状を把握してる今思うのは「運営はホントに信用できるのか?」という一抹の不安です。

生放送を見る限りでは姿勢は真面目で評価できる。でもどこかズレている。最近はそう思わざるを得ません。

正直モンハンワールドが発売されたらこっちのモチベが吹き飛ぶかもしれないので、これが最後の記事になる可能性があります。その時はモンハンの記事書くかもしれないのでそっちもよろしくお願いします。